事務局長の日記

NBC長野・野尻湖チャプター事務局長をしています。日々の釣行やティムコの新製品の紹介もしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

右か左か

昨日のベイトフィネスについての話の続きとして、ベイトリールの右巻きと左巻きについてちょっとだけ。

たぶんですが、利き腕でロッド操作を行う、特にボトムでの釣りには左巻きのベイトリールを使っている人が多いのではないでしょうか?
そういう私も数年前は巻物以外ベイトリールは左巻きでした
しかし・・・・フィールドがシャローの八郎潟からディープの野尻湖に変わった事で、右巻きに戻りました。

それは何故か、、、、、、。

主な理由としてはディープでのフッキングから取り込みまでスムーズな巻取りが出来るのが右巻きだったからなんです。
確かに左巻きだと掛けてから勝負は早いですが、シャローのショートディスタンスでのピッチングとかでないと微妙に巻き方が変で気持ち悪かったんですね
その点で野尻湖はシャローをピッチングする事もなくなりましたし、右手から左手に持ち替えてからフッキングしてもスモールマウスはそのくらいの間で丁度良かったんで現在のスタイルになっています。

DSC_0551.jpg
そこで昨日の話で、ベイトフィネスを導入する事になった場合・・・・手返し等を考えたら当然左巻きですよね
タックルを1ヶ月借りていた事で久しぶりの左巻きにも、何となく慣れてきたので、ロングキャストでない場合はたぶん取り込めると思います
ストレスがないタックルも大事ですが、ベイトフィネスにおいてはストレスがないスタイルも大事と言う事ですね
全ての釣りにおいて左巻きを使いこなせる人が羨ましいです
スポンサーサイト

| バスフィッシング | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nojiriko.blog81.fc2.com/tb.php/1235-6d657b60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。