事務局長の日記

NBC長野・野尻湖チャプター事務局長をしています。日々の釣行やティムコの新製品の紹介もしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鱒寿司

冬場はやることが無くて21時には撃沈しているケースが多くなってきました。。

昨日の夕飯は日曜日に買ってきた鱒寿司久しぶりに食べてみましたが、美味しかったです

DSC_1176.jpg
美味しく頂いたまでは良しなんですが、仕事柄思った事があったので、小ネタを

さて、この鱒寿司の色を見てどう思いますか?
人によってはもっとオレンジ色がいいとか嫌とかあると思います。

実はこの色はアスタキサンチンという物質の色で甲殻類やサケ科の筋肉に含まれているものです。
自然界で摂取している食べ物でこの色あいが出るそうです。
蟹やエビを茹でると鮮やかな色になるのは、加熱された事によりアスタキサンチンが遊離されて赤色を出すようです。
またフラミンゴの羽の色もその一つで、餌から摂取したアスタキサンチンを変換する事で生成し、ピンク色に元になるようです。

逆に養殖で育てているサケ科の魚には色があまり着かないので、アスタキサンチンの配合された餌を与えて身に色を着けるそうです。

という事は普段見慣れている鮭の色は天然の色ではないと見てしまうのでは自分だけでしょうか。。

かなりマニアックな話になりましたが、何故知っているかって??
それは・・・ご想像にお任せします
スポンサーサイト

| 釣り | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nojiriko.blog81.fc2.com/tb.php/1388-0038d2fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT