事務局長の日記

NBC長野・野尻湖チャプター事務局長をしています。日々の釣行やティムコの新製品の紹介もしています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月突入

2週間振りの更新となります。。

まぁ年度末って事もあって、非常に忙しいですね
異動の季節でもありますし、飲み会も多いし・・・。

とは言え、いつの間にか3月突入って事でいよいよ釣りモードに移行して行かなくては・・・と考えていたら
お願いしてた竿が到着

DSC_0402[1]
ティムコ様ありがとうございます

今シーズン発売のフェンウィック IHHS-SF65SLJ フェンウィック テクナPMX TPMX66CMJ

まずはIHHS-SF65SLJ ですが、今まで野尻湖でのライトキャロはGWT-SF64SXUL J”Ultra Finesse GWT-SF68SUL J”Ultra Finesse” の2本で行っていましたが、ロックエリアでスタックしたりと確かにちょっと硬いソリッドティップで中弾性の竿が欲しかったですね。
またデザインもXラッピングで値段の割に高級感があったりと気になっていたので、導入する事にしました。

次にPMX TPMX66CMJですが、野尻湖で自分自身の駒から外せないラバージグ用に今まで使用していた GWT66CM J に代わる竿となります。また昨年導入したテクナPMX TPMX70CMJと使い分ける事でジグ番長を極めたいです。

どちらの竿にも言える事ですが、まずは軽いって事ですね。
IHHS-SF65SLJ はソリッドティップで過去に同様のレングスがないので単純に比較は出来ませんが、106g
次にジグ用の竿は基本的なスペックなので比較が出来て、GWT66CM J 110g→PMX TPMX66CMJ 97g
ガイド径が小さくなったり、グリップがシェイプしてたりと、ここ数年の進歩は凄いです。

ティムコにお世話になって5年ぐらいですが、その当時の竿は持ち感や先重りがあったりで、なかなか手が伸びなくなってきました(笑)

どちらの竿も実際使ってみてのインプレッションは野池で使ってから、また報告します~。
スポンサーサイト

| バスフィッシング | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nojiriko.blog81.fc2.com/tb.php/1846-7d6b305c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。